こんな症状の方はご相談ください

症状別

腰痛の方への施療

症状
  • 腰の痛い、お尻の痛い、足の痛い、足のしびれるがある方
  • 朝起きる時に腰が痛く、午後夕方では痛くない方。午後夕方に痛みが出る方。歩き出すと痛みある。何もしていないのに痛くなり、しばらくすると消えて繰り返す方。
  • 専門病院で筋膜症、椎間板ヘルニア、脊椎分離・すべり症、脊椎管狭窄症、坐骨神経痛、梨状筋症候群等の診断をされた方。
症状

腰周囲の筋肉が痛かったり、臀部の神経を圧迫したり、脊柱管の中で椎骨が神経に触れて症状になるのですが、根本的な原因は骨盤の歪みです。主原因の骨盤の歪みが続くことで、2次原因の腰背部筋肉、神経が過緊張や神経圧迫を起こします。

症状

主原因である骨盤の歪みを取り除く操作を行います。
骨盤には、左側と右側の仙腸関節と称する関節があり、この関節の可動性がなくなる状態のことを、「骨盤が歪む」と言います。
当院は、歪む方向を正確に特定し、施療は真逆方向へ行い、骨盤の可動性を取り戻す技術が売り物です。
いろいろな腰痛で来院される方の大半は、最初の施療で痛みが軽減する体験をなされております。
原因が、脊柱の構造や、特定筋肉が問題となり、腰痛の慢性症状は、これらの回復操作を繰り返して経時的に症状の軽減を図ります。
下肢が椎間板ヘルニアの強いしびれ・痛みがあれば、マッケンジー体操を指導します。

肩こりの方への施療

症状
  • 肩、肩甲骨と首の周囲が凝る。肩が痛い。首が左右に回せない。さらに頭痛を伴うなど。
  • 専門病院で、五十肩、肩関節周囲炎、ばね指と診断された。
症状

頭部の重さはボーリングの玉とほぼ同じぐらいの7Kgぐらいで、頭を安定に保つ筋肉、特に僧帽筋と肩甲挙筋の血流が滞り、疲労した状態です。首の関節である頸椎、上部胸椎もねじれて可動性を失なっていることが原因です。

症状

頸椎と肩甲骨に付着する肩甲挙筋と僧帽筋を弛緩します。この時はとても気持ち良いので眠りを誘います。その上で、しびれなどの原因である上腕骨を肩関節に収めます。
日常生活や仕事中に背中の痛みが治らない原因は脊柱と骨盤が正常な配置になっていないからです。そのため、背骨が歪む原因をつくっている骨盤の歪みを調整します。その後首の付け根を調整します(実に来院者の99%はここにも障害があります)。痛みはないのでご安心下さい。
的確な調整により筋肉の緊張は開放され、頭の中はリラックスします。
脊柱から骨盤の施療で腕や肩などの上肢痛だけでなく、肩こり、腰痛、頭痛の広範囲の不快な症状の改善も期待出来ます。

症状

頭痛の方への施療

症状
  • 後頭部が痛い。目の奥が痛い。慢性的に頭痛。医療機関で緊張性頭痛、頚性頭痛と診断された。
  • 頭痛の症状は多いのが後頭部で、頭の中心部、目の奥、片方の側面であったりさまざまな場所に出ます。頭痛の前にはひどい肩こりがあり、気分がすぐれず頭痛を誘発することもあります。
症状

頭痛になる原因は大きく二つ上げられます。
一つは首から腰の背骨に沿う脳脊髄神経と自律神経のネットワークが乱れ支障をきたすことによるものです。
その結果発痛物質が循環器系に流出し敏感な頭部で痛みを感じることが原因です。頭痛原因の99%が該当し私たちの施療対象です。
二つ目は頭の中に腫瘍、梗塞、血管腫などが出来て痛みを起こすもので、深刻な状態につながりかねません。従来の頭痛と違うと直感するようなら専門病院を受診することをお勧めします。

症状

頭痛は、まず頭部と胸部の硬くなった筋肉に手のひらを優しく重ね緊張を取り去ります。
次に歪んだ背骨に指を優しく押し当て筋肉と靭帯を調整します。この時はとても気持ち良いので眠りを誘います。
そして背骨が歪む原因である歪んだ骨盤を調整します。 さらに歪んだ首の付け根を調整します(実に来院者の99%はここに障害があります)。痛みはないのでご安心下さい。
的確な調整により首の根元の緊張が瞬時に開放され、頭の中はリラックスします。
頭痛だけでなく、腰痛、肩こり、背中の痛み、腕、肘、手先の痛みとしびれの広範囲の不快な症状の改善も期待出来ます。日常生活や仕事で頭痛になる原因は脊柱と骨盤が正常な配置になっていないからです。
この施療法は桜カイロが過去20年間の臨床研究に基づいた筋骨格系疾患を治す独自のメニューです。体のどこが、どのように悪くなっているか、その研究内容は学会誌で複数の優秀論文賞を頂き、最先端の臨床理論として評価されています。

自律神経機能障害の方への施療

症状
  • 声が出ない。鼻汁、唾液が止まらない。ひどい頭痛が続く。耳鳴りが続く。めまいが続く。体温が低い。パニック症である。
症状

首から腰の背骨に沿う脳脊髄神経と自律神経のネットワークが乱れ支障をきたすことによるものです。特に、頸椎の前側面に付着する上頸神経節、星状神経節、上部頸椎前を走行する迷走神経の走行に支障をきたし交感神経、副交感神経の活動に問題を起こします。
本院では、自律神経活動を直接測定する機器(クロスウエル社きりつ名人)を有し、心拍変動中の自律神経活動量を計測し、施療方法と効果に反映させております。

症状

最初に骨盤の歪みを取り除きます。腰痛がなくても骨盤は歪んでいます。その後、頸椎と肩甲骨をつないでいる肩甲挙筋の緊張を取り除きます。下部頸椎と上部頸椎のねじれがあれば、調整します。
仕上げはピーナッツ・オリーブオイルを脊柱に沿って貼付し加温し安静状態にします。脊柱の脳脊髄神経・自律神経系ネットワークを沈静化させて終了です。
すべての施療は、およそ1時間かけて行います。

症状

page top