BBPドライビングアシスト

座席用背もたれシート BBPドライビングアシスト

座席用背もたれシートBBPドライビングアシストは医学博士「吉野和廣」が長年にわたり、体の軸ラインと胸腰椎の歪みを研究し成果を統計的に分析することで生まれた身体サポート用品です。
車のシートや背もたれのついた椅子に装着するだけで、体の歪みを補正されます。BBPドライビングアシストを使うとねじれた背骨は補正され、上半身の歪みは取り除かれ、座席から立ち上がる際の動作が軽快となり、首の動きが良くなり、頭の血流が増し集中力を取り戻し、頭痛、肩こりや腰の違和感を軽減することも期待できます。

こんな悩みを持っていませんか?

  • 肩こりがひどく集中できない。
  • 仕事の疲れがなかなかとれない。
  • 仕事中のデスクワークで長時間座っていると腰が疲れる。
  • 慢性的な頭痛に悩んでいる。
  • 運転中、腰に違和感を感じる。
  • 最近椅子から立ち上がるのが一苦労。
  • 長距離の運転がつらい。
  • 最近すぐイライラする。
  • 目がよく疲れる。

様々な体の違和感はこんな原因だった?

立って歩く人間だから起こってしまう現象、背骨と体の歪み

私たちの上半身を真横から見ると、左と右の肩は水平線上に並んでなく「ずれている」のがわかります。

若年齢者から高齢者の「体幹の歪み」を調べた結果20歳代ですでに「体幹は左回旋のねじれ姿勢」を作っていることがわかってきました。骨盤のゆがみは年齢の増加だけではなく、ストレス、仕事の生活習慣のくせなどが加わることで体はますます左回旋のねじれを強くしています。

この「ねじれ」が健康的な身体に慢性疲労を蓄積させて「肩こり」や「腰痛」を起こし、自律神経がからむ有訴症状も生じる要因と考えられています。

この上半身が左回旋にねじれているため、それを補正しようと背骨が右回旋しています。
その動きをしているため、背骨の周りにある筋肉や神経に無理な力が慢性的にかかることによって様々な違和感を引き起こしていると考えられています。

理想的な身体の軸ラインに近づけてくれるBBPドライビングアシスト

・左肩はわずかに前方に押し出され、上半身が自然と右回りの状態にしてくれます。
 その事が骨盤の右回旋を取り除く方向に補正をしてくれます。
 その結果、頭・首・肩・背骨・腰の凝りや張りが軽減されることが期待されます。

・車の乗り降りが楽になり、体は軽くなることが期待されます。

・補正により衰えてきた身体能力の回復が期待されます。

BBPドライビングアシストの特徴

  • おもに「車両用座席」に装着する身体サポート用具です。
  • 使用方法に従い装着し着座すると、左肩はわずか前方に押し出され、上半身が右回りの負荷を受けるので、理想的な身体の軸ラインに近づけてくれます。
  • 装着できる座席は、自家用車はもちろん、商業用自動車のタクシーやトラック、バスなどのほか、携帯し電車などの交通機関や映画館などの高い背もたれが付いた椅子にも使用可能です。
    (※持ち込む場合、あらかじめ交通機関や映画館などの許可を得てからご使用ください。)
  • ご自身のお車やご愛用の椅子に使用する場合は、そのまま装着した状態でご使用ください。

使用シチュエーション

開拓者 医学博士 吉野和廣

体のゆがみのメカニズムを熟知する医学博士「吉野和廣」は桜カイロプラクティックの院長をしています。

人の健康に役立つ仕事に志を持ち徳島大学大学院で修士課程を終了。
卒業後、健康に関わる医薬品を製造する会社に勤め、東海大学と米国カリフォルニア大学の医学部で栄養学、口腔衛生学、皮膚科学、老化防止学を学び医薬の研究開発を経験した。
学会発表40件、論文発表28件、特許出願5件、著書1件、1985年に東海大学で医学博士号を頂いた。

米国エドガーケイシー関連の健康法に興味を持ち、兵庫県で開業されておられたカイロプラクターの岡山武次郎先生と知り合った。カイロプラクティックは単純で斬新な治療法であることを目の当たりにして西洋医学の位置づけは一変した。健康を左右する最大のものは栄養学で、二番目は医薬の投与と考えていたのが、体に直接触れる方法があることを知り人生後半は療術の健康法を選んだ。

受賞歴

日本カイロプラクティック徒手医学会  2008年度最優秀論文賞受賞
同学会                    2009年度優秀論文賞受賞
同学会                    2010年度最優秀論文賞受賞

学術発表

・健常者と非特異的腰痛症並びに背部痛症者における仙腸関節変位像の統計的分析
-筋骨格系疾患の発症機序を考えて(第一報)-/日本カイロプラクティック徒手医学会第9回学術大会
/2007.09.08-09(H19)

・腰痛症・肩こり症と健常者における仙腸関節変位の統計的な分析-筋骨格系疾患の発症機序を考えて-
第17回日本カイロプラクティック徒手医学会名古屋支部勉強会/2007.11.11(H19)

・健常者と非特異的腰痛症並びに背部痛症者における脊柱変位像の統計的分析
第19回日本カイロプラクティック徒手医学会名古屋支部勉強会/2008.06.29(H20)

・健常者と非特異的腰痛症並びに背部痛症者における脊柱変位像の分析
日本カイロプラクティック徒手医学会第10回記念学術大会/2008.10.12-13(H20)

・健常者と非特異的な腰痛症並びに肩こり者における仙腸関節変位の統計的分析-脊椎源性疾患の発症機序を
考えて- 第20回日本療術学会/2008.11.16(H20) 

・Edgar Cayceと手技療法/第21回日本カイロプラクティック徒手医学会名古屋支部勉強会/2009.01.25(H21)

・左並びに右利き足被験者における仙腸関節の変位像
第22回 日本カイロプラクティック徒手医学会名古屋支部勉強会/2009.06.28(H21)

・左並びに右利き足被験者における右仙腸関節の外方変位像 -筋骨格系の発祥機序を考えて(第三報)
日本カイロプラクティック徒手医学会第11回学術大会/2009.10.11-12(H21)

・健常者と非特異的腰痛者における仙腸関節可動性不全像の統計的分析/第17回日本腰痛学会/2009.11.21-22
(H21)

・健常者と脊椎原生疾患者における矢状面の肩甲帯位置について-筋骨各系疾患の発症機序を考えて(第四報)ー
日本カイロプラクティック徒手医学会第12回学術大会/2010.9.4-5(H22)

・健常者と非特異的腰痛者における仙腸関節の臨床像/第14回日本統合医療学会/2011.12.11~12(H22)

・日常臨床でのAK診断と説明/日本カイロ徒手医学会名古屋支部第27回勉強会/2011.2.27(H23)

・若中高年者の肩こり発症は姿勢調節障害が絡んでいるか・・-筋骨格系疾患の発症機序を考えて(第五報)-
日本カイロ徒手医学会名古屋支部第28回勉強会/2011.6.26(H23)

・肩こり者の矢状面肩甲帯の挙動から姿勢調節を考察する-筋骨各系疾患の発症機序を考えて(第五報)ー
第13回日本カイロプラクティック徒手医学会学術大会/2011.10.22-23(H23)

・骨盤の歪みの実像を考える -筋骨格系疾患の発症機序を考える(第六報)-
第23回日本療術学会/2011.11.13~14(H23)

・3次元計測による矢状面肩甲帯偏倚の挙動-筋骨格系疾患の発症機序を考えて(第六報)-
第14回日本カイロプラクティック徒手医学会学術大会/2012.9.22~23(H24)

・健常者と脊椎原性疾患者における矢状面の肩甲帯位置について-筋骨格系疾患の発症機序を考えて (第六報)
第24回日本療術学会/2012.11.25~26(H24)

・慢性腰痛症例における筋肉調整の手技効果/第24回日本療術学会/2012.11.25~26(H24)

・年齢変化における矢状面体幹姿勢の歪み方 ―脊椎原性疾患の発症機序を考えてー
第16回日本統合医療学会/2012.12.8~9(H24)

研究論文

・健常者と非特異的腰痛症並びに背部痛症者における仙腸関節変位像の統計的分析
骨格系疾患の発症機序を考えて(第一報) カイロプラクティック徒手医学会誌、9:47-52、2008

・健常者と非特異的な腰痛症並びに肩こり症者における仙腸関節変位の統計的分析
-脊椎源性疾患の発生機序を考えて(第1報)- 日本療術学会雑誌、20(1):25、2008

・健常者と肩こり者における姿勢分析像
-脊椎源性疾患の発症機序を考えて(第2報) 日本療術学会誌、20(1):28、2008

・健常者と非特異的腰痛並びに背部痛者における脊柱変位像の分析
-筋骨格系疾患の発症機序を考えて(第二報)- 日本カイロプラクティック徒手医学会誌 10:32-36、
2009

・健常者と非特異的腰痛者並びに肩こり者における脊柱変位像の統計的分析
-脊椎源性疾患の発症機序を考えて(第3報) 日本療術学会誌、21(1):36、2009

・筋骨格系疾患の脊柱変位像について  -椎骨変位の発生機序を考える
マニュアルメディスン研究会誌、70:1-6、2009 

・左並び右利き足被験者における右仙腸関節の外方変位象
-筋骨各系疾患の発症機序を考えて(第三報)ー 日本カイロプラクティック徒手医学会誌、11:60-67,2010

・健常者と非特異的腰痛者における仙腸関節の臨床像 日本統合医療学会誌、3(2):86, 2010

・左並びに右利き足被験者における仙腸関節の変位像
-脊椎原生疾患の発症機序を考えて(第四報)- 日本療術学会誌、22(1):21, 2010

・骨盤の歪みの実像を考える 脊椎原性疾患の発症機序を考えて(第五報) 日本療術学会誌、23(1):20,
2011

・肩甲帯の左回旋に対する脊柱の補正作用 日本カイロプラクティック徒手医学会誌、12:58-64, 2011

・慢性腰痛症例における筋肉調整の手技効果 日本療術学会誌、 24(1)2012.29

・健常者と脊椎原性疾患者における矢状面の肩甲帯位置について
-筋骨格系疾患の発症機序を考えて (第六報) 日本療術学会誌、 24(1)2012.30

BBPドライビングアシスト

 

製造販売元

(株)レイアンドカンパニー
〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町豊浦3026番地
TEL freedial 0120-039-553
FAX freedial 0120-039-727